家の防犯について思う事

みなさんは家の防犯のために何か特別な事はされてますでしょうか。番犬を飼う、ホームセキュリティを設置するという方法がパッと思い浮かびますが、おそらくですが、多くの方は施錠をする以外は特に対策をしていないという方が多いと思います。

確かにそれでも大抵の空き巣は諦めて帰っていくと思います。ですが、それがもし人目の付きにくい箇所に扉があるような家だったらと考えると必ずしも安全だと言い切れません。

なぜなら、泥棒が中に入らずに諦める時の最大の要因といえば、それは誰かに見られるリスクを冒したくないという心理からです。

ですから、もし扉が人目に付かない箇所にあればそれは泥棒にとって都合の良い家となります。ですから、もし人目に付きにくい箇所から出入りできるものがある時はただ施錠をするだけでは不安が残ります。

ですので、そういう場合はただ施錠をするだけでなく二重三重に対策をされる事をおすすめします。例えば、ダミーでも扉付近に監視カメラを設置するなどして泥棒が嫌がる環境を作っておく事が大事です。
その他には値は張りますがホームセキュリティが断然オススメです。セコムやアルソックが有名ですよね。最近では月額数千円から始められ、結構安価になってきていますので導入するのを検討してみてはいかがでしょうか?
参考→ホームセキュリティ | クチコミランキングの決定版!

油断しちゃいけない

家の防犯は本当にしっかりやった方がいいです。
私も自分の家だけは大丈夫だろう、みたいに甘く考えて
戸締まりすらきちんとしないでいたら、まさかの泥棒の
被害にあってしまいましたから・・

誰でもそうですが自分は被害に遭わない気がしてしまうんですよね。
でも意外と空き巣の被害は近所で起きていたりしますし、
ストーカーによる侵入なんかも本当によくあるんです。

私の義理のお姉さんなんか頻繁にストーカーの被害にあってます。
とても綺麗な人だから人よりも頻度が多いものの誰でも起こりえます。

家までついてきたり、中には自転車や車でついてきたストーカー
もいたんです。

でも幸い、一人暮らしじゃなかったので
「変な男ついてきたー!」とすぐ玄関で叫んでその男は
走って逃げて行ったりしましたが、家を知られたので私達が
留守の間に侵入して何か盜んだり、盗聴器をつけられたりする
かもしれませんから、油断できません。

ホームセキュリティの知識を身につけて防犯意識を高めよう このサイトでは、ホームセキュリティの導入を考えられている方に、セコム(SECOM)やアルソック(ALSOK総合警備保障)、セントラル警備保障(CSP)などのセキュリティ会社の料金体系や評判、サービスの内容、契約件数などの比較を行い、効果的な防犯対策をするには、どのようにしたらいいのかということを詳しく説明をしていきます。 日本は世界的に見ても安全な国だと言われてきたのですが、近頃では凶悪な犯罪が毎日のように起こっており、今や安全な国だとは言えなくなってきています。こうした国で生活をしているので、自分がいつ犯罪に巻き込まれてもおかしくはありません。 毎日のように犯罪のニュースが流れていることから、日本でも防犯に対する関心や意識が高まってきており、家庭でも防犯対策を行っている方が増えてきました。そんな中、家庭用の防犯対策として注目を集めているのが、ホームセキュリティなのです。 ホームセキュリティに興味や関心をお持ちの方は、このサイトでしっかりとホームセキュリティの知識を身につけて頂き、安心して生活を送ることが出来る対策をして頂きたいと思います。家族や資産を守る為の1つの知識として、このサイトがお役に立てればと思っています。
参考:ホームセキュリティーの比較ランキングと口コミ・評判

なのでまず家の防犯対策で1番いいのは、一人暮らしじゃない事
ですが、留守の間に侵入されないように鍵を多めにつけておくことや、
強化ガラスもやってみたいですね。

家の防犯には心がけています。

回覧板で地元でどのような事件・犯罪があったかという案内が廻って来ることがあります。
それを見ると件数は少ないのですが自宅周辺でも犯罪が行われていることが判ります。

そのような数字を見ると家の防犯も考えざるを得ません。
私の家では一階にある風呂場や洗面所、台所のガラス窓の外に
泥棒除けの柵を取り付けました。

知り合いの大工さんに頼み、かなり頑丈な柵を取り付けてもらいました。
また、最近のことですが玄関のリフォームをしました。

今までの玄関ドアのカギは昔ながらのピッキングがし易い、
プロの泥棒であれば簡単に開けてしまうような形状のものでした。

それを最新のピッキングがしにくいカギが付いているドアに交換しました。
またカギ穴は一箇所では無く二箇所あるタイプのドアにしました。
そして玄関にはセンサーライトも取り付けました。

就寝の際は雨戸を閉め、雨戸のカギも掛けるようにしています。
後から後悔はしたくないので出来る防犯はしようと心がけています。

家の防犯で気をつけていること

空き巣被害などは非常に危険なので、家の防犯については気をつける必要があります。基本的なことですが、外出時は家の鍵をきちんとかけます。

近くへごみ出しにいったり、近所の人と話をするだけの場合であっても、その都度玄関はきちんと鍵をかける必要があります。

家の窓なども外出する際にはきちんと戸締りができているか確認をする癖をつけると良いです。泥棒が入れない家は無いと言われますが、入るのに時間がかかる家は狙われにくいといわれます。

玄関の鍵は防犯性の高いタイプにしておき、複数の鍵が必要にしておくと良いです。窓は強化ガラスにして割れにくいものに変えておくと良いです。窓を割って進入されるパターンも多いので注意が必要です。

センサーライトなども防犯に効果があります。泥棒が犯行をする前には下見をするはずです。その時点で進入が難しいと思わせることが大事です。

とにかく、鍵をしっかりかけることが基本

セキュリティ会社に依頼できるほどお金持ちではない我が家。
家の防犯は鍵をかけることが基本です。
外出の際は、全窓の鍵の確認をしています。

また、ガラスは2重ガラスを入れてあります。
テレビでみましたが、空き巣は2重ガラスや2重鍵の家への侵入は時間がかかるので、
見つかってしまうリスクが高くなるため、敬遠するとのことでした。

また、子どもだけで留守番するときには、
暑くても窓を閉め、鍵をかけるようにしています。

暑さにより、扇風機でしのいでもらう時もあれば、
冷房を入れる時もあります。

空き巣も怖いですが、中に人がいるのに、
侵入してこられた方が、危険だと思います。

また、子どもだけでの留守番の時には、
インターフォンや電話に出ないように伝えています。

幸い、今まで怖い思いをしたことがありません。
今後もしっかりと鍵をかける習慣を続け、防犯に努めたいと思います。

ドアと窓と犬

我が家の防犯では進入経路を徹底的につぶすということとガードマンとして犬を飼っています。
進入経路を断つということは、具体的にどういうことかというとまずドアの鍵はよく見かけるギザギザがあるだけのタイプではなく、磁石を使った鍵を使用しています。

またサムターン回しでの開錠を防ぐために、ドアの内側の鍵のつまみ手にはカバーがかぶせてあります。
そして人が入ることのできる大きさの窓は、金槌で叩いても全然砕けないようなものを使っています。

隣の御宅だとセンサーに反応して灯りがつくようなものが取り付けられていますが、泥棒は夜より昼間の方がよく出ると聞いたので、我が家では取り付けていません。

そして一番の信頼を寄せているのが、愛犬です。

庭で飼っているこの犬は、非常に賢くて怪しそうな人にだけは吼えるのですが、宅配便などの時はおとなしくしています(何人かは吼えられていましたが)。
あとは貴重品を少しわかりにくいところに置いておくのも効果的かと思います。

防犯に必要なのは全員の心構え

自分で家を建ててから初めて気が付いたことなのですが、今まではほとんど防犯について考えたことがなかったなと反省しました。実家にいた時はまあいいのですが、一人暮らしをしていた時にも全く泥棒に入られることなど考えませんでした。

そもそも特に盗まれて困るようなものを持っていなかったという理由もあるのですが、今思えば運が良かったんだなと思います。まあ仮に入られていても、パソコンが被害にあったくらいで済んだはずです。

しかし子供が住む一軒家となれば話は全く違います。これからは私が守っていかなければならないので、本気で対策を立てる必要が出てきました。一番安心なのはセコムなどの会社にすべてを任せてしまうことですが、値段を一度も調べていないので具体的なコストが分かりません。しかし、現実的にはこれしか方法がない気もします。

導入を決めるまでは自分たちで出来ることを実践して行くだけですが、やはり一番大切なのは全員の心構えでしょうね。

地域によって変わる賃貸物件の防犯事情?

私は、東京生まれ、東京育ちですが、実家を離れ、今は岡山県で暮らしています。東京の実家では、一戸建てでしたが、大抵、玄関の鍵は開いていました。

今では考えられませんが、昔から、近所づきあいがよく、ちょっと買い物に出る時でも、何故か大丈夫、という、根拠の無い自信があったようです。私が成長して、都内でアパート暮らしをするようになって、玄関のドアに鍵を掛けているうちに、「はて、実家って、おかしいんじゃない」と気がついた次第です。

さて、今住んでいる部屋は、不用心だな、と感じます。2階なのですが、雨戸もなく、アパートの回りに壁さえありません。今の部屋は、マンスリーマンションの賃貸なのですが、同じ系列の部屋で、名古屋に住んでいた事があります。

その時は、建物自体が壁に囲まれ、その壁はオートロックです。宅配便の人が来ると、部屋からインターホンで開けなければなりません。同じ会社の物件なのに、この違いは何だろう?と不思議に思ったものでした。

岡山県は、大災害に合ったことが無いから、危機管理に薄い、と地元の人に聞いた事があります。しかし、泥棒に対しての危機管理も薄いのだろうか。未だに謎です。

防犯対策頑張ってます

空き巣やストーカー、変質者などが珍しくない世の中ですから家の防犯は本当に大事なので気をつけています。まず家の玄関の鍵は2つありますし、チェーンの鍵も必ずかけるようにしています。

それと人が通るとライトが勝手につくようにしてあります。これがかなり明るいですし突然光るので泥棒などはこれがあるだけでも他の家を選ぶと聞きましたからお手軽に導入できる
割にとてもいいと思います。実際うちの近所で7割くらいのお宅がこのライトを導入していますよ。

それと何かあった時のためにもご近所さんとは常に交流を持って仲良く信頼しあえる関係を保つようにしています。でないと助けを求める叫び声などをあげたとしても誰も助けに来てくれないかもしれませんから。

何かあってもすぐに緊急電話がかけられるとは限りませんが叫び声ならあげられますから。それとうちはご近所さんとの家の距離が凄く近いので叫んだ時に聞こえやすいのも防犯上はいいと思います。

みんな行おう!家の防犯方法

私の住んでいる地域では、度々車にイタズラされるなんてことが相次ぎました。もちろん私の車も傷を付けられてしまい、警察に近所の方と相談をしましたが、これといって対応してもらえませんでした。

こういったことは基本的に自分たちで対策するしかないと言われてしまい、家の防犯についてはできることは自分でしっかりと行わないと行けないと思いました。ホームセキュリティを利用できれば一番安全なのかもしれませんが、それではコストがかかってしまいますから、中々難しと思います。

そこで、色々と自宅で出来る防犯グッズが色々と売っているので、ちょっとしたもので取り付けると無いよりはマシと考えて購入してみました。私が購入したのは、ダミーのカメラとセンサーで反応するライトです。本物のカメラを買うと高いので、ダミーにしてみました。

それに合わせて人が近寄るとセンサーでパッと電気が付くので、この二つを組み合わせれば随分効果が出るのではと考えました。実際に効果があったのかはわかりませんが、設置して以来イタズラは無くなりました。やはりちょっとでも防犯をしてみると、効果は得られるのかなと思いました。