ドアと窓と犬

我が家の防犯では進入経路を徹底的につぶすということとガードマンとして犬を飼っています。
進入経路を断つということは、具体的にどういうことかというとまずドアの鍵はよく見かけるギザギザがあるだけのタイプではなく、磁石を使った鍵を使用しています。

またサムターン回しでの開錠を防ぐために、ドアの内側の鍵のつまみ手にはカバーがかぶせてあります。
そして人が入ることのできる大きさの窓は、金槌で叩いても全然砕けないようなものを使っています。

隣の御宅だとセンサーに反応して灯りがつくようなものが取り付けられていますが、泥棒は夜より昼間の方がよく出ると聞いたので、我が家では取り付けていません。

そして一番の信頼を寄せているのが、愛犬です。

庭で飼っているこの犬は、非常に賢くて怪しそうな人にだけは吼えるのですが、宅配便などの時はおとなしくしています(何人かは吼えられていましたが)。
あとは貴重品を少しわかりにくいところに置いておくのも効果的かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>